7月, 2014

レクサスGS

GSについて、あと、ザラついた路面では、約800万円のレクサスGSの期待からはかなり遠く、サーっと言うノイズが発生と言うか侵入する。

良い路面ではかなり静かなのだが。

あとボディもゆるい感じ。

と言うか、重量が1.86tもあり、その割に、タイヤとサス(シャシ)が容量不足な感じがした。

曲がりも攻めようって感じにはならないな(要は重い、ニブい)。

GS450hの旧型も同じように高速で試乗させてもらったけど、その時の感じとそんなに変わらんような・・・。

約20km走っての燃費は11.1km/Lでした。
途中、全開加速を何度かやった割に、また1.8t超えを思えばまぁまぁでしょうか。

ちなみに試乗前に表示された、給油後の燃費は(2目盛りくらい消費して)、13km/L台とのことでハイブリッド化の効果がゼロでは無いようでした。
後ろは265/35-19だからねぇ。
先ほどの225/50/17よりはそりゃ見栄えるよね。

若干、ボディとというかシャシが緩い印象のあるGSで19インチはどうなのか、観察をした。
すると、思ったよりも履きこなしている。
いじわるに気にすればブルブル感が無きにしも非ず、でも合格点。

感じたのは、軽くなったってこと(対450h)。
軽くなった分、シャシやボディへの負担が軽減されたのかと。

自分は150kgか200kgくらい軽くなったのかと思った。
でもカタログを後で見たら、100kg差だった。
おそらく、その100kgの大半はフロントじゃないかと。
V6の3500から4発の2500だから。
で、リアに電池を積んでいるのは一緒で、重量配分はかなり良い方に行ってるのかなと。

カテゴリー
お気に入り