中古車の走行距離

中古車の走行距離については1年で1万キロが一般的な感覚で言えば普通になるでしょう。つまり、 10年で10万キロの走行距離であれば、それは極めて普通のことであり、中古車査定においてはマイナスポイントにはならないということです。逆に言えば、 10年で5万キロしか走ってなければ、それは走行距離が少少ない車として評価されるべきポイントになるのです。確かに新車から10年が経過していて、 10万キロの走行距離を超えていれば、中古車市場ではあまり価値がない車という判断をされてしまうかもしれませんが、きちんとメンテナンスができており、しっかりと整理されている車であれば、まだまだ中古車としての価値はあると言えるかもしれません。中古車というのは一応の基準があるものの、それそのものが唯一の商品ということになるので相場はあくまでも基準ということになります。中古車買取相場を意識するあまり、自分の車の価値を見失ってしまっては本末転倒です。中古車買取相場を考えすぎず、まずは査定を受けてみて、自分の愛車の本当の価値を知ってみるべきでしょう。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り